量子光物性研究室

電気通信大学 基盤理工学専攻
東6号館 401,403,405,439室 


Condensed matter physics (experiments). Laser spectroscopy.
Building East-6, Room401,403,405,439

Department of Engineering Science
The University of Electro-Communications
・Members
教授, Professor
 奥野剛史, OKUNO Tsuyoshi
修士2年, M2
 柿野良太郎, KAKINO Ryotaro
 久島大輝, KUSHIMA Hiroki
 黒川郁弥, KUROKAWA Fumiya
 中村裕貴, NAKAMURA Hiroki
 渡部勇太, WATANABE Yuta
修士1年, M1
 志村佳熙, SHIMURA Kai
 田村祐樹, TAMURA Yuki
 富田一光, TOMIDA Kazuaki
学部4年, B4
 木村浩丈, KIMURA Hirotake
 山口翔太, YAMAGUCHI Syota

・Research Activities

 新規ナノ光材料の開拓
 半導体ナノ構造のレーザー分光
 量子閉じ込め構造、ナノテクノロジー
 ナノ構造と蛍光イオンとの相互作用
 新規光機能性


新規ナノ光材料や半導体微細構造における光物性実験を専門としています。 量子ドットやナノワイヤ等の量子閉じ込め構造の光学的性質、および、 それらと発光中心との相互作用を明らかにするための研究を行っています。 大きさがナノメートル(10-9 m)領域になった半導体微細構造では、 その中の電子のもつ波としての性質が顕著になってきます。 そのため、発光する色や応答速度等が、通常の大きさの半導体とは変わってきて、 自由に制御できる可能性がでてきます。また、そこに蛍光イオンを導入することにより、 通常とは異なる強度や色で発光させることができます。 このような新規ナノ光材料を創出し、その構造や発光メカニズムを解明しようとしています。 低消費エネルギーに資しかつ環境に調和した新物質および新現象を探索しています。

We are studying the optical properties of semiconductor quantum confined systems and new phosphor materials for future optoelectronic devices. Zero-dimensional quantum dots and other structures are explored, and their optical and structural properties are investigated. In order to realize efficient light sources or new optical phenomena, research on interaction between optical centers and nanometer-scale matrices is conducted.

論文等,Papers

研究発表題目, Presentations

修士論文、卒業研究


連絡先, Contacts
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
電気通信大学 基盤理工学専攻、先進理工学科
東6号館401(奥野居室), 403(学生居室)

Department of Engineering Science
The University of Electro-Communications
Chofu, Tokyo 182-8585

phone 042-443-5460(Okuno, room401), 5499(room403)
facsimile 042-443-5501(Department Office)
e-mail okunotsuyoshi@"UEC" (Please replace "UEC" with "uec.ac.jp")

大学院生募集中